被災地をエンタメ化するのはやめて | 愚民☆日記 ーGUMIN NIKKIー
ボールルームダンスに奔走するGUMINN☆達のダンサー的日常
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


- -
被災地をエンタメ化するのはやめて
このたびの震災で甚大なる被害を受けた方々に心よりお見舞い申し上げます。 また亡くなられた方々、大切な方を亡くされた方々に心から哀悼の意を捧げます。 本来このブログは社交ダンスを愛する若きダンサー 競技ダンサーサークル『シーザワン』のメンバーがダンスにかける情熱、日々を語るものでしたが、 未曾有の大震災に対応できる言葉もありません。 今このたびの文章は シーザワン 代表 渡辺和代より心から震災の被害を受けた方々 また被災していないエリアの方々に語りかけたいと思います。 ここ最近 テレビで民放などが地震放送で 被災地へのエール 被災者の笑顔 明るさを取り戻した子供たち 被災した東北 ガンバレ!! 東北は強い、負けない! 東北頑張って立ち直って世界に希望を与えて!! などの言葉で飾ったカッコイイ番組作りに嫌気がさす。 淡々と粛々とその悲惨さを訴える以外何が必要だろうか。 キャスターが 『被災者の笑顔に励まされました!』と笑顔で語った時 その被災者の深い悲しみが理解できるのだろうか。 なんの被害も受けていない部外者が励まされてどうするんだ、と思う。 結局被災者の悲しみは被災者にしか理解できない。 ある阪神大震災の被災者は 『被災者以外が被災者のことを理解してくれるのではないかと期待した自分の愚かさに、 腹が立ったからだとわかりました。』とブログで語った。 もし、自分の家が地震で焼けて 津波で跡形もなく流され その中に大切な家族が目の前で死んでいった場合、 家族を無残に亡くし、家を亡くし、仕事をを亡くし その精神状態で ガンバレといわれて何を頑張れるのだろうか。 励ますのではなくその悲しみを受け入れるのが第一ではないか。 くよくよせず前へ進め、というのは、子供や親をむごい死に方でなくした 人に言えるのだろうか。 私は子供の頃 病気で父を亡くした。 葬式の終わった当日、同じ年の子供たちが無邪気にバレーボールをして遊んでいる。 その時私は飛んできたボールを咄嗟に受け止めて、軽く返した。 悲しいのに子供だから感情を表現できなくて、ちょっと笑いながらボール投げた。 ボールを受けた子供たちは『わあ、笑った、元気になった〜』 ときゃあきゃあ笑った。その時の子供心にも気持ち悪くなるほど の悲しい気持ちに心傷ついた。 そして翌日学校に行くと同級生が 『お父さん亡くしたと思えないほど元気で安心した』の言葉。 なんで私の悲しみを理解できないの?と。 そして学校の係りのおじさんに言われた言葉 『これからはお父さんを亡くしたら、お母さんが新しい人と結婚したいと言った時、あんたは絶対反対したらいかん、お母さんの結婚を祝福しないと』 これが極めつけだった。立派な大人が父を亡くしてまだ3日と経たない小さい子供の心をナイフのような言葉で傷つける。 今悲しみの淵で沈んでいる人々に ガンバレガンバレ希望を持って という励ましはいらないと思う。 うつ病の人にガンバレと言ってはいけないのと同じ、精神に負担をきたす。 頑張るのは 被災していない人々、あくまでも被災者を頑張らせてどうするんだ。お金でも工場で物品生産でも仕事でも日本経済を支えるのは西日本エリアと関東でも被災していない東京神奈川他エリアの人々。 決してお涙ちょうだい物語を作るテレビに乗せられて 被災者を無情に励ますのをやめてもらいたい。 私は身近で起きた阪神大震災で同じことを感じ、ここ関東でも また同じ繰り返しを見ている。 ヒトコトでガンバレ日本! でなく ガンバレ!被災していない日本の人々、日本を支えて! 私は大阪で生まれて現在東京で暮らしている。 大阪に頑張ってもらいたい、西日本に頑張ってもらいたい、 供給不足のトイレットペーパーなどは今、西の工場でフル稼働で頑張っている。 東を支えるのは 今 西の力、 そして東北関東エリアの悲しみと経済を支えて欲しいと願う。

- comments(1)
スポンサーサイト

- -
Comment
渡辺和代さま、
古い書き込みに、突然コメント失礼しますm(_ _)m

たまたま、2012/01/20のフィギュアスケート サカス杯アーティスティック マスターズ大会 に私も出場し、このブログを見かけました。

この記事は、震災後、私が感じたことと同じで、とても共感しました。
被災していない人々は、今まで以上に元気に活動し、仕事をし、
経済を回し、お金を被災者にまわるようにしなければならなかった
ところを…

「被災者の心情をかんがみて、自粛」
「不謹慎!」
「節電操業停止」
「仕事を止めて祈りましょう」

…など、目先の感情、思いやりの取り違えで、経済活動を停止して、
結果、被災者の職を奪い、復興の金も生まれず、
首を絞めることになっている事を、
さも正しいことのように押しつける輩(不謹慎厨)の
いかに多かったことか…
それに、ほとんどのマスコミも同調し、利用し、エンタメ化していたこと…

ありがとうさぎを見ながら、ぷんぷんしてました(^_^;)


From.keme 2012/02/04 3:21 AM











/

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
NEW ENTRY
PROFILE
CATEGORY
COMMENT
ARCHIVES
LINK
OTHER
qrcode



-ジョニー・ウィアー美しい!!-


-スケート靴カバー!-


-エッジケース!-


-スケート用レギンス-


-スケート用パンツ-



素材満載 ブログで作る かんたんホームページ [CD-ROM付き]